トラック買取

自分でセーブデータを改造したい方は【こちら】
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
  • 2017.04 <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >> 2017.06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XperiaPlayは74800円と高額?

1a2293b5.jpg
2011年3月より発売開始予定のPlayStationPhone
「Xperia Play」の値段がドイツのAmazonに掲載されたようです。


【「憧れのプレステ携帯」を体験(動画)】

英Sony Ericsson社の『Xperia Play』は、ソニーの『プレイステーションポータブル』(PSP)が発明されて以来、われわれが求め続けてきた携帯電話だ。つまり、初めてのオフィシャルなPSP携帯だ。スペインのバルセロナで開催中の『Mobile World Congress』で、このデバイスを試してみる機会を得た。

ゲームパッドが押し込まれている状態では、Xperia Playは普通の『Android』携帯だ。OSはバージョン2.3(Gingerbread)、プロセッサーは『Snapdragon』、5メガピクセルのカメラを搭載している。

ゲームパッドを引き出すと、たちまち面白くなり、これが携帯であることはすぐ忘れてしまう。Dパッド、おなじみの4つの「プレイステーション型」ボタン、STARTボタンとSELECTボタンがあり、PSPのものに模したHOMEボタンが画面横に付いている。さらにタッチパッドが2つと、画面裏の背面沿いに2つのショルダーボタンもある。

グラフィックスの表示には、独自のGPUとして1GHzの『Adreno 205』を搭載している。このため、高性能な表示が可能だ(60fpsで表示できる)。以下の動画で、『ブルース・リー』のアクションゲームをしているところを見てほしい。



『ストリートファイター』のようなゲームをする時には、Dパッドをスライドさせる特殊な動きが、ややぎこちない感じになるかもしれない。ショルダーボタンは私の大きな手でも押しやすい。スクリーンを留めている蝶番はかなりしっかりしているので、ゲームの途中ですべてが台無しになるようなことはない。

ゲームは、Android Marketで、50タイトルほどダウンロードできる(『PlayStation Store』が独立して存在し、Play上で動く、古いPS1用のゲームも買うことができる)。

印象的なデバイスなのだが、価格はちょっと高いのではないかと思う。ドイツのAmazonは650ユーロ(880ドル)と表示しているのだ。発売開始日は発表されていないが、3月に発売される可能性もある。


基本情報
製品名:Xperia Play
発売日:2011年3月~
価格:未定


詳細情報
■Android 2.3 Gingerbread搭載
■PlayStation Suiteに対応しており、PlayStation向けタイトルが遊べる
■4インチのマルチタッチスクリーン採用(480×854)
■MicroSDサポート


関連リンク
source:WIRED VISION


ドイツのAmazonでは「Xperia Play」の価格を€650と表示。
日本円にすると74,800円くらいなので、これくらいを目安に
購入を考えた方が良さそうですね。

以上です。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Categoly
WebMoney ぷちカンパ

Sponsored links
New article
New comments
All articles

全ての記事を表示する

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Tools
Article search
Hot articles
Add Microad
PSP sales
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。